ターゲット目線で競合と自社を比較する

差別化したい競合他社との比較をまず自社で行いましょう。 難しいことではありません。 ただここで重要なポイントは、 「顧客目線で」「客観的目線で」「第三者目線で」 ということです。 ちょっと考えてみてください。 ポイント: 1)顧客目線での御社の強み 2)顧客目線での御社の弱み 3)顧客目線で競合A社、B社

続きを読む

経営の現場で起こりがちな誤解とは?

現状把握が大切な理由として自社の現状について間違っていることは非常に多いです。 20代の女性がメインターゲットだと思っていたが、実際に購入している のは30代の男女だった。 社員の評価を厳密に行ったところ、管理職が思っていたイメージと全く違っていた。 競合調査を実際にしてみると、想定している企業が全く違っていた。 このようなことはどんなクラスの企業でも

続きを読む

差別化の戦略をどう考えますか?

「うちの会社は他社と差別化できていない」 「どうすればいいんだ?」 このサイトをご覧いただいている方はきっとこのようにお悩みでしょう。 多くの会社が差別化の重要性をわかっていても、 実行できないでいます。 それは具体的にどうすればいいのかわからない。 どういう手順で何から手を付ければいいのかわからない、からです。

続きを読む

差別化戦略のフロー

さていざ、差別化戦略といっても具体的に何をすればよいのか? となってしまいますよね? 方向性のない戦略では徒労に終わってしまいます。 <プロの差別化戦略をあなたの会社で実践したい方はこちら> 差別化戦略の流れは大まかに以下のようになります。 現状把握 提供価値の可視化 コンタクトポイント(接点)の検証 PDCAサイクル

続きを読む